苦楽園のうつわ屋です
www.anjico.com

松本へ
義父のお見舞いをかねて松本クラフトフェアに行ってきました。
今年はお天気に恵まれて、気持ちの良い一日を堪能しました。

八木橋昇さんのブースです。


こちらは茨木伸恵さん。到着が遅かったので作品が少な目ですね。








手仕事の暖かさと繊細さを
兼ね備えた気になる作品達
でした♪

見るのに夢中で写真が少なくて残念です。


 
旅のできごと - -
寒川さんに会いに。
お休みをいただいた先月、広島に行ってきました。





 
 工房にお邪魔するのは2度目。
 寒川さんは、薪、ガス、灯油、
 3つの窯を使い分けて
 作陶されています。

 ろくろがあるお仕事場には
 これから焼かれる器がたくさん。
 
 貼ってあるポスターや
 フライヤーなどからも
 寒川さんの好みが伺え興味津々。

 作家さんの仕事場って
 秘密基地って感じで
 とにかくワクワクします!




そして、前回の訪問のときにはなかった楽しみが
今回はもうひとつ、ふたつ、と増えてました。


ご自宅と工房の脇に建てられたカフェ(左)とギャラリー(右)。
なんと!基礎と電気工事以外が寒川さんの手でつくられたんです!


 
なんと!(なんと!の連続ですが、それぐらいテンションあがります。笑)
寒川さんのカフェにはコーヒー豆の焙煎室も備えてあり
煎りたてのおいしいコーヒーがいただけるのです。
そのカフェを切り盛りされるのが、奥さまのmayumiさん。
もちろん、陶器は寒川さんのものです。
ステキ!ステキ!理想!理想!の詰まった空間です。

短い滞在時間でしたが、ずっとお邪魔してみたかった寒川ご夫妻の
素敵なカフェでひと時のゆっくり時間を過ごさせていただけてよかった。
次におじゃまするときは絶対mayumiさんのケーキをいただきたいです。

cafe de hanae → 

みんなのカレー展!」寒川さんもご参加してくださいます。お楽しみに!




ヒロシマおまけ。

続きを読む >>
旅のできごと - -
majiに会いに。

今回の出張りょこう、1日はコースターでおなじみの
majiのおうちに泊めていただきました!

どこのオサレカフェ?というような
古いマンションの一室、雰囲気のある古道具でそろえられた
とても落ち着くmajiの家。

幼なじみで、今はanjicoの作家さんでもあります。
前夜は久しぶりの再会に夜更かしし、
この日は朝からバタバタと移動するので、
前日に買っておいたパンをほおばって行けばいいやーと
身支度してたら、気がついたらあたためられたそのパンと紅茶が!
思いがけず、短くもゆったり気分の朝ごはんの時間になりました。
どうもありがとー♪

もう1日時間があれば、おもてなし&お料理上手の
majiごはんが食べられたかもなー。またよろしくね。



遠方からもお問い合わせありがとうございます。
majiのコースター、ただいまお品切れ中です。
また入荷の際にはこのブログでお知らせいたしますね!



お取り扱いアイテムはanjicoとは異なるかもしれませんが、
横浜にmajiのものを扱っておられるお店があります。

atelier 303さん → 
一度だけお邪魔させていただきましたが
時間の流れがすっと変わるようなとても素敵なお店でした。

旅のできごと - -
楠田さんに会いに。

今週はじめにいただいた4連休には、ひさしぶりに関東方面へ。
ずっとずっとお邪魔したかった、楠田純子さんの工房へ行ってきました!


わー!玄関からワクワク。オブジェも表札ももちろん楠田さん作です。
最寄駅までお迎えに来ていただき、念願のアトリエ訪問。

プライベートスペースはさすがに撮影を控えさせていただきましたが
この玄関の奥は、雑貨屋さんのようなお住まいでした!
キョロキョロしまくりです、笑。
my cup展にも出してくださっていた新作の釉(空)のカップで
コーヒーをいただいたあとは、(画像ナシ、涙)
いよいよ工房を見せていただくことにー♪


これ、なんだかおわかりになりますか?

今までの釉薬を試したテストピースなんです。
どんな仕上がりになるかの実験の結果ですが、
どんな色を作ってきたかという歴史でもあります。
実は(?)わたし、テストピースが大好き。
この全部を作品として欲しいくらいです!!
よく見ると、見覚えのあるものもあるでしょう?



素焼き前のうつわ。
これは黒釉白ドットのボウルになるのかな?
あの筆で水玉描くのかな?違うかも・・・、汗。


うつわ屋になる前に
たまたま違う場所で出会ったいくつかの器が
楠田さんのものだと後から知りました。
お店をするときは絶対置かせていただきたかったのですが
anjicoオープンのときは想いは叶わず失恋。
そして半年後、再アタックでお付き合いしていただけることに。
諦めなくてヨカッタ!
楠田さんとは、それ以降のお付き合いです。


ずーっと好きだった作品が次々と誕生してきた場所に
すっかり舞い上がってしまいました。
そして「北欧」や、うつわとして使われることを今まで以上に意識して
つくられたとてもシンプルな「空」や「白雪」他などの釉の新作など
楠田さんの今が生まれる場所でもあります。

うまく言葉にできないのが残念。
思ってることの3割もお伝えできなかったけど、すごく嬉しかったです。
帰りの電車でじわじわとこの日の感動に浸りました〜。


ことし12月、関西で初めての楠田純子さんの個展をさせていただきます!
なんだか楽しいことも一緒にできたらイイナ☆と思ってます。






旅のできごと - -
| 1/1 |